TOP SECRET

RagnarokOnlineプレイ日記と3DCG1年生によるBlender備忘録

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Blenderについて

関連カテゴリ
[Modifier]
[Armature]
[World]
[Cycles]



Blenderはオープンソースの3DCGソフトウェアであり、モデリングやレンダリングの他、アニメーション、コンポジット、ゲームエンジン等、ハイエンドクラスに肩を並べる機能を持っています。
Ver2.5系列からは特に機能の近代化が進み、プロフェッショナルや教育の現場での使用もみられるようになってきています。

元はNot a Number Technologies(NaN)社によって開発されていましたが、同社の倒産後、債権者の手に渡ったBlenderのソースコードをトン・ローセンダール氏が買い戻し、現在では同氏が設立したBlender FoundationによってGPLの元、開発、無償配布がされています。
GPLについてはこちら→Wikipedia

このように非常に有用なソフトでありながら、日本ではあまり普及していません。
インターフェースが独特で日本語表記が完全ではないために3DCG初心者にはとっつき辛いこと、また、日本においては書籍やチュートリアルがあまり充実しておらず、情報収集には英語能力が必要なことも導入の妨げになっているようです。(私も英語はできませんがなんとか使ってます)
現在は「Blender2.5マスターブック」という日本人が著者の本が出版されています。
少々値が張りますが導入時の参考書として役立つでしょう。

最先端技術では商用ハイエンドに引けをとるものの、さまざまな機能を総合的に有するほか無料で利用できるので、3DCGを基礎から学習するには非常に適しているソフトだと思います。

公式サイト http://www.blender.org/
スポンサーサイト

| Blenderについて | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。